Git - リモートブランチの作成と削除

端末で Remote branch(リモートブランチ)を作成して削除する方法を紹介します。

1. リモートブランチの作成

GitHubにリポジトリにリモートブランチを追加することを紹介します。

下の画面はGitHubに作成したRepositoryですが、デフォルトでは master ブランチだけがあります。 git - add remote branch

1.1 ローカルブランチの作成とコミットの追加

デフォルトでリモートブランチを追加するには、ローカルに新しいブランチを作成し、そのブランチをリモートに追加します。

現在ローカルに保存されているgitのすべてのブランチを確認してみると以下のようになります。

$ git branch -a
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master

ここで以下のコマンドでmasterブランチをベースに devブランチを作成してcheckoutしました。

$ git checkout -b dev master
Switched to a new branch 'dev'

再度すべてのブランチリストを確認すると、 dev という名前でローカルブランチが追加されたことを確認できます。

$ git branch -a
* dev
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master

これで、ローカルブランチ dev をリモートに追加するだけです。

1.2 リモートブランチの追加

以下のように git push [remote] [branch] コマンドで、ローカルブランチ dev をリモートブランチとして追加できます。 (remoteは別に設定しない場合は origin

$ git push origin dev
Enumerating objects: 4, done.
Counting objects: 100% (4/4), done.
Delta compression using up to 8 threads
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 270 bytes | 270.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 1), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (1/1), completed with 1 local object.
remote:
remote: Create a pull request for 'dev' on GitHub by visiting:
remote:      https://github.com/codechacha/Test-Driven-Development-ByExample/pull/new/dev
remote:
To github.com:codechacha/Test-Driven-Development-ByExample.git
 * [new branch]      dev -> dev

すべてのブランチリストを見ると、リモートブランチに devが追加されていることがわかります。

$ git branch -a
* dev
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/dev
  remotes/origin/master

GitHubにも devブランチが追加されていることを確認できます。 git - add remote branch

2. リモートブランチの削除 (1)

以下のように git push [remote] --delete [branch] コマンドでリモートから dev ブランチを削除できます。

$ git push origin --delete dev
To github.com:codechacha/Test-Driven-Development-ByExample.git
 - [deleted]         dev

ブランチ全体を確認すると、リモートから dev ブランチが削除され、ローカルの dev ブランチが残っていることを確認できます。

$ git branch -a
* dev
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master

3. リモートブランチの削除 (2)

別の方法として、 git branch -d -r [branch] コマンドでリモートブランチを削除できます。

以下のようにリモートに dev ブランチがあるとき、

$ git branch -a
* dev
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/dev
  remotes/origin/master

以下のようにリモートブランチを削除できます。ブランチ名に remotes/ を除いて origin/dev だけを入力してください。

$ git branch -d -r origin/dev
Deleted remote-tracking branch origin/dev (was 1ed9fa9).

削除後、ブランチリストを確認してみると、リモートで dev ブランチが削除されたことを確認できます。

$ git branch -a
* dev
  master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master
codechachaCopyright ©2019 codechacha