JavaScript - Dateに時間(日/時/分/秒)を加える

Dateオブジェクトに時間(日、時、分、秒)を追加する方法を紹介します。

1. Dateのset APIで時間を追加する

Dateはset / get APIを提供し、このAPIを使用して時間を設定できます。

  • Date.setDate(): 日付
  • Date.setHours(): 時間説
  • Date.setMinutes(): 分説
  • Date.setSeconds(): 超説
  • Date.getDate(): 保存された日付
  • Date.getHours(): 保存されたタイムリ
  • Date.getMinutes(): 保存された分離
  • Date.getSeconds(): 保存されたチョリ

以下のようにget APIで現在の時刻を取得し、希望の時間を追加してset APIにリセットできます。

let date = new Date();
console.log(date)

// Add 1 day
date.setDate(date.getDate() + 1);

// Add 1 hour
date.setHours(date.getHours() + 1);

// Add 10 minutes
date.setMinutes(date.getMinutes() + 10);

// Add 10 seconds
date.setSeconds(date.getSeconds() + 10);

console.log(date)

Output:

2022-08-28T08:16:28.350Z
2022-08-29T09:26:38.350Z

2. Date.setTime() で時間を加える

Date は次の API を提供します。

  • Date.setTime(): millisecond で時間を設定する
  • Date.getTime(): 設定された時間を millisecond

このAPIを使用して、ミリ秒単位で時間を設定できます。希望の時間を millisecond に変換したあと、現在時刻に追加して設定すればいいです。

let date = new Date();
console.log(date)

let days = 1 * 24 * 60 * 60 * 1000;
let hours = 1 * 60 * 60 * 1000;
let mins = 10 * 60 * 1000;
let secs = 10 * 1000;

// Add 1 day, 1 hour, 10 min, 10 sec
date.setTime(date.getTime() + days + hours + mins + secs)

console.log(date)

Output:

2022-08-28T08:16:02.391Z
2022-08-29T09:26:12.391Z
codechachaCopyright ©2019 codechacha