JavaScript - 特定の値で配列を塗りつぶす、Array.fill()

Array.fill()関数を使用して特定の値で配列を埋める方法を紹介します。

1. Array.fill() 関数

Array.fill() 関数は引数として以下の 3 つを受け取ります。配列からstart Indexを含み、end Indexの直前の要素までvalueで埋めます。

  • value : 配列を埋める
  • start: 開始インデックス、デフォルト値は
  • end:終了Index、デフォルト値は配列の長さ
Array.fill(value, start, end)

2. Array.fill(value) の例

デフォルトでは Array.fill(value) は配列の先頭から最後まで value で埋められます。

let arr = [1, 2, 3, 4];

arr.fill(10);
console.log(arr);

arr.fill('a');
console.log(arr);

Output:

[ 10, 10, 10, 10 ]
[ 'a', 'a', 'a', 'a' ]

3. Array.fill(value, start) の例

Array.fill(value, start) は配列の start Index から value で埋められます。

let arr = [1, 2, 3, 4];

arr.fill('a', 2);
console.log(arr);

Output:

[ 1, 2, 'a', 'a' ]

4. Array.fill(value, start, end) の例

Array.fill(value, start, end) は、配列から start Index から end Index の直前まで value で埋めます。

let arr = [1, 2, 3, 4];

arr.fill('a', 0, 3);
console.log(arr);

Output:

[ 'a', 'a', 'a', 4 ]
codechachaCopyright ©2019 codechacha