JavaScript - slice()で配列を切り取り、分割する

slice()、繰り返し文などを利用して、特定の範囲配列を切り取り、新しい配列にする方法を紹介します。

たとえば、次のように長さ10の配列からIndex 0〜4の要素のみを切り取り、長さ5の新しい配列を作成できます。

array : [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
new array : [1, 2, 3, 4, 5]

1. slice() を使った方法

Array.slice(start, end) は Index start を含み、end を含まない範囲の配列を切り取り、新しい配列に返します。

以下の例では、 arr.slice(0, 5) は Index 0 から 4 までの配列を切り捨てて返します。

let arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

let newArr = arr.slice(0, 5);
console.log(newArr);

Output:

[ 1, 2, 3, 4, 5 ]

配列の中央にある要素を切り取りたい場合は、 slice(5, 9) のように特定のインデックスを入力するだけです。

let arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

let newArr = arr.slice(5, 9);
console.log(newArr);

Output:

[ 6, 7, 8, 9 ]

2. for文を利用した方法

繰り返しステートメントを使用して、次のように配列をカットできます。 配列を巡回しながら、特定の範囲の要素のみを新しい配列に追加する方法です。

let arr = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

let newArr = [];
for (let i = 0; i < 5; i++) {
  newArr.push(arr[i]);
}
console.log(newArr);

Output:

[ 1, 2, 3, 4, 5 ]
codechachaCopyright ©2019 codechacha