Ubuntu - DNSキャッシュを削除する方法

Ubuntu(Linux)でDNSキャッシュを削除するための命令を紹介します。

1. DNSキャッシュの確認

端末で sudo systemd-resolve --statistics コマンドを入力すると、現在の DNS キャッシュされたサイズがわかります。 出力結果では、 Current Cache Sizeは現在のキャッシュがどれだけあるかを示します。削除前にキャッシュがどれだけあるかを確認し、キャッシュ削除命令入力後にすべて削除されたことを確認してください。

$ sudo systemd-resolve --statistics

DNSSEC supported by current servers: no

Transactions              
Current Transactions: 0   
  Total Transactions: 5722

Cache                     
  Current Cache Size: 219
          Cache Hits: 3506
        Cache Misses: 2239

DNSSEC Verdicts           
              Secure: 0   
            Insecure: 0   
               Bogus: 0   
       Indeterminate: 0   

2. DNSキャッシュの削除

端末で sudo systemd-resolve --flush-caches 命令でキャッシュを削除できます。

$ sudo systemd-resolve --flush-caches

以下のように統計を確認すると、 Current Cache Size: 0でキャッシュが削除されたことを確認できます。

$ sudo systemd-resolve --statistics

DNSSEC supported by current servers: no

Transactions              
Current Transactions: 0   
  Total Transactions: 5793

Cache                     
  Current Cache Size: 0   
          Cache Hits: 3548
        Cache Misses: 2268

DNSSEC Verdicts           
              Secure: 0   
            Insecure: 0   
               Bogus: 0   
       Indeterminate: 0   
codechachaCopyright ©2019 codechacha