SSH key作成しGitHubに登録

UbuntuでSSH Public Keyを生成し、GitHubに登録する過程を説明します。

GitHubはSSH Public keyに認証を行います。 GitHubにSSH Keyを登録すれば、LocalでGitHubにコードをPushすることができます。

SSH Keyの生成

まず、ローカルにSSH keyを作成する必要があります。

次のように ssh-keygenコマンドで生成します。 Keyを生成するときにパスワードを聞いて見るの、パスワードを設定しないとKeyを使用するときにパスワードを要求していません。

$ ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/schacon/.ssh/id_rsa):
Created directory '/home/schacon/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/schacon/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/schacon/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
d0:82:24:8e:d7:f1:bb:9b:33:53:96:93:49:da:9b:e3 schacon@mylaptop.local

すべて完了したら、 ~/.sshパスに入っKeyが生成することを確認します。

$ cd ~/.ssh/
js@js:~/.ssh$ ls
id_rsa  id_rsa.pub  known_hosts

id_rsa.pubがPublic keyです。 catコマンドで内容を出力し、これをコピーして、GitHubに登録します。

$ cat id_rsa.pub
ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EA12345h92X78j7wMQKD364Oh9G26JkAx72rsbf4+67O16rviGOZcVbHt5fEjndLNb5/4P9ElhylJxcpV8OfTikWkaeFEib9WWmuHLA0KK/J70/P4PqeJ2hOyeetnZi+K0yxJjxAOE6F5555qu6CERpVAB0rDK+Jxq9Hz9VYGDLMgJQPZK9HvfvFeqywgOSeCVMf1ACFqsjqne8nkGlaN9YGuNRn+G1234

GitHubにパブリックキーを登録する

GitHubにログインすると、左上のボタンを押して、 Settingsページに移動することができます。 github ssh public key

そして SSH and GPG keysメニューを押します。 github ssh public key

次に、右上にある New SSH keyボタンを押すと、次のようにkeyを入力することができるページが表示されます。 上記の生成された id_rsa.pubの内容をkeyに貼り付けます。 Titleは、いくつかのPCのkeyのか区別できるように設定ください。 github ssh public key

最後に、 Add SSH keyボタンを押すと、登録が完了します。

codechachaCopyright ©2019 codechacha