アンドロイド - 他のActivityを実行する方法

By JS | Last updated: August 18, 2017

Activity生成

この章では、最初のApp作成で作成したProjectに他のActivityを追加で作成して実行してみましょう。

Activityを作成するには、Javaファイルを作成する必要があります。 com.example.xyz.myapplicationフォルダを右クリックして、[New > Java Class]を選択します。

start activity

以下のようなウィンドウが表示されるのでNameにSubActivity01と入力して[OK]を押します。

start activity

SubActivity01.javaを開けてみると、基本的にpacakgeが宣言されており、Classが定義されています。

package com.example.xyz.myapplication;

/**
 * Created by XYZ on 2017-08-13.
 */

public class SubActivity01 {
}

SubActivity01をActivityにするには、SDKのActivityを継承必要があります。次のコードのようにAppCompatActivityを継承します。

package com.example.xyz.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;

/**
 * Created by XYZ on 2017-08-13.
 */

public class SubActivity01 extends AppCompatActivity {
}

AndroidManifest.xml登録

上記のActivityを作成したがAndroidManifest.xmlに登録しなければDeviceは、Activityがあるかわかりません。 AndroidManifest.xmlを開き、以下のように<application> tagの中**<activityandroid:name=".SubActivity01" />**を入力すると、登録が終了します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.xyz.myapplication">

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true"
        android:theme="@style/AppTheme">
        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

        <activity android:name=".SubActivity01" />
    </application>

</manifest>

Layout xml設定

Activity javaファイルも生成しAndroidManifest.xmlに登録しました。このままActivityを実行する場合、空白の画面が表示されることです。なぜならLayoutを作ってくれないんですよ。 LayoutはJava codeも組めるが、便宜のためにxmlファイルに設定することをお勧め。 /res/layout/フォルダにlayoutファイルを作成してみましょう。

layoutフォルダを右クリックして[New > Layout resource file]を実行します。

start activity

設定画面でFilenameにactivity_sub01.xmlと入力します。 そしてRootelementLinearLayoutに設定された[OK]をクリックすると、LinearLayoutコードが自動生成されます。

start activity

生成されたactivity_sub01.xmlを開けてみると、以下のようにLinearLayoutが自動生成を確認することができます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

</LinearLayout>

LinearLayoutは、文字通りLayoutであるため、何も表示されません。簡単以下のようにTextViewを追加します。練習のために次のTextViewコードをコピーして貼り付けで直接ごTypingてください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Sub activity01"
        android:layout_gravity="center"/>

</LinearLayout>

ActivityにLayout登録

Layoutファイルを作成したのでSubActivity01でこのファイルをLayoutに使用すると登録をする必要があります。

いつ、どのように登録する必要でしょうか? Activityが生成されるときにlayoutファイルが登録する必要があります。 AndroidはLifecycleというものがありますがActivityが生成されるときに**onCreate()**というcallback methodでActivityに通知します。したがって、私たちは、onCreate() methodをOverrideしてlayoutを登録するコードを挿入すると、されます。 (Activity Lifecycleは、次の学習予定です)

**onCreate()**というメソッドは、直接typingてもよく、自動生成ツールで生成しても良いです。今回はツールで生成してみましょう。

Activityファイルを開いた状態で**[Code > OverrideMethods]**を実行します。

start activity

私たちは、onCreat()をOverrideするのでonCreate()を選択し、OKを押します。

start activity

Activityコードを確認すると、次のようにOverrideされたonCreate()のコードが自動生成されました。

package com.example.xyz.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

public class SubActivity01 extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(@Nullable Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
    }
}

onCreate()が生成された場合は、methodの setContentView(R.layout.activity_sub01);でlayoutを登録します。ここで、 R.layout.activity_sub01はres/layoutフォルダにあるactivity_sub01.xmlファイルを意味します。

public class SubActivity01 extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(@Nullable Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_sub01);
    }
}

MainActivityにボタン付け

すべての作業が終わったが、SubActivityは実行されません。 Appを実行すると、MainActivity画面が出るように設定されているが、肝心のSubActivityを実行するコードはないからです。

私たちは、MainActivityにボタンを入れて、そのボタンを押すと、SubActivity01が実行されるように実装みることです。

MainActivityのlayoutファイルはactivity_main.xmlです。 Root layoutは、ConstraintLayoutであるが、まだ難しいので内容をすべて消去LinearLayoutに変更します。以下のように変更してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

</LinearLayout>

ここにButtonを配置しております。以下のようにButtonコードを入れればされます。 android:textは、Buttonに表示されるtextを設定するプロパティです。このプロパティに直接Stringを入れてもしますが、私はstrings.xmlにstring変数を定義し、それを使用しました。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent">

    <Button
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/start_subactivity01"/>
</LinearLayout>

String変数を登録するときは、以下のように/res/values/strings.xmlに変数を追加します。そして使用するときは、@string/start_subactivity01のようにご使用下さい。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
    <string name="start_subactivity01">Start SubActivity01</string>
</resources>

ボタンイベントの処理

Buttonは生成されたがButtonを押しても動作しません。なぜなら、何の動作を定義していないからです。 Buttonを押したときにActivityが実行されるように実装してみます。

まず、MainActivityにParameterがViewの関数を生成します。私は**voidonButtonClick(Viewv)**で生成しました。名前は勝手に設定してもされます。注意すべき点は、ParameterにViewが入らなければならないという点です。

package com.example.xyz.myapplication;

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    void onButtonClick(View v) {

    }

}

次に、activity_main.xmlのButtonにandroid:onClick="onButtonClick"を定義できます。 ButtonがclickされたときMainActivityのonButtonClick関数を呼び出してくれるという意味です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical" android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent">

    <Button
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/start_subactivity01"
        android:onClick="onButtonClick"/>
</LinearLayout>

今Buttonを押したときにonButtonClick関数が呼び出されるようにしました。最後に、onButtonClick関数内SubActivityを実行するようにコードを入れるとします。

以下のようにIntentとStartActivity関数を使用すると、SubActivityを実行することができます。

package com.example.xyz.myapplication;

import android.content.Intent;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    void onButtonClick(View v) {
        Intent intent = new Intent(this, SubActivity01.class);
        startActivity(intent);
    }

}

Activity実行

今Appを直接実行してButtonを押してSubActivityを実行してみましょう。

start activity

まとめ

  • Activityは、Javaオブジェクトとして生成し、Activityを継承しなければならない
  • Activityを作成すると、必ずAndroidManifest.xmlに登録
  • ActivityのLayoutは/ res / layout /にxmlファイルに設定
  • ActivityからLayout xmlを登録するには、setContentView()を使用して
  • Button clickイベント処理をするには、layoutのandroid:onClickでJava functionを登録

Related Posts

codechachaCopyright ©2019 codechacha