JavaScript - 文字列を結合する、接続する(concat、join、+)

JavaScriptで2つ以上の文字列を1つにまとめる方法を紹介します。

1. +演算子で文字列を連結する

次のように、 +演算子を使用して複数の文字列を1つに連結できます。

const name = 'John';
const age = 25;

const str = 'My name is ' + name + ' and I am ' + age;
console.log(str);

Output:

My name is John and I am 25

2. concat()で文字列を連結する

String の str1.concat(str2, str3, ..., strN) を利用して複数の文字列を一つにまとめることができます。引数としてN個の文字列を渡すことができ、順番に文字列が連結されます。

const name = 'John';
const age = 25;

const str = 'My name is '.concat(name, ' and I am ', age);
console.log(str);

Output:

My name is John and I am 25

また、 concat() は文字列だけでなく、 Boolean や Number など、他のタイプのオブジェクトも引数に渡すことができ、以下のように文字列に変換されて連結されます。

let str = 'AA'.concat('String: ', 'John', ', Null: ', null, ', Number: ', 123, ', Boolean: ', true);
console.log(str);

Output:

AAString: John, Null: null, Number: 123, Boolean: true

3. join()で文字列を連結する

配列join() で、配列内の文字列を一つにまとめることができます。 join() の引数で separator(区切り文字)を渡すと、文字列を連結するとき、この文字列が追加されます。

console.log(['Hello', 'World', 'JavaScript'].join(''));

console.log(['Hello', 'World', 'JavaScript'].join(' '));

console.log(['Hello', 'World', 'JavaScript'].join(' + '));

Output:

HelloWorldJavaScript
Hello World JavaScript
Hello + World + JavaScript
codechachaCopyright ©2019 codechacha