アンドロイド - 最初のApp作成

By JS | Last updated: August 15, 2017

Android project作成

Android StudioのインストールとSDKをインストールした場合はAndroidの開発環境をすべて備えたことです。他のものの学習する前に、Android StudioでProjectを作成し、ビルドして、私のデバイスにアプリをインストールしてみましょう。

Android Studioを実行すると、以下のような画面が出ます。 StartanewAndroidStudioprojectを押しprojectを作成することができます。

android first app

次の画面では、ApplicationnameCompanydomainを入力します。この二つの名前の組み合わせでPackagenameが生成なりますよ。 PackagenameはAppの固有のIDです。 Google Play StoreはこのIDでアプリを区分し、同じIDのAppがStoreに登録しないようにします。そのため、自分が開発したAppをPlayStoreようマーケットに上げる目的であれば、あまり一般的でない名前で建てることをお勧め。次に、Projectlocationが特に問題ない場合は、このまま設定して、[Next]をクリックします。

android first app

以下は、FormfactorとAPIlevel(MinimumSDK)を設定する画面です。 Mobileを開発される場合PhoneandTabletを選択してください。

MinimumSDKはこのProjectがサポートしている最も低いAndroidのバージョンを指します。もし「API:19 Andoroid 4.4(KitKat)」を選択すると、このProjectは、少なくともKitKat以降のOSバージョンをサポートすることを意味します。多くのバージョンをサポートすればよいが、互換性を維持するために、開発者はより努力が必要です。このチュートリアルでは、KitKatに設定しました。すべての設定したらと[Next]をクリックします。

android first app

以下は、Activityを設定する画面です。 Activityは、ユーザーに表示される画面単位のオブジェクトと考えています。 Project設定時Empty Activity、Basic Activity、Navigation Activityなど複数Templateを提供してくれます。私たちは、学習段階からEmpty Activityを選択します。選択したらと[Next]をクリックします。

android first app

以下は、ActivitynameLayoutnameを設定する画面です。 Activityは、Javaファイルであり、LayoutはXmlファイルです。 LayoutはActivityのボタンなどの画面構成(UI)に関する情報があり、Activityはボタンが押されたときどのように処理をするのかなどを処理します。

基本的に設定された名前を使用して、[Finish]をクリックします。

android first app

Android開発方法を学ぶにはJAVAおよびXMLの基本的な文法を知っている必要があります。

XMLがわからない場合、XMLの簡単な説明を参照してください。

BuildとApp実行

Projectが作成されると、下の画面のようにworkspaceが見えます。基本アプリをインストールしてみることが目的であるため、他のものは触れることなくRunボタンを押して、Appをbuildして私のDeviceにインストールします。 Runボタンは上部のメニュー Run -> Run 'app'で見つけることができます。

android first app

Runをクリックすると、下の画面のようにDevice選択画面が出ます。実際Deviceがある場合はUSB cableでPCに接続し、Device driverをインストールすると、ConnectedDevicesに自分のDeviceが見えます。

もしお持ちでない場合、画面の下部にCreateNewVirtualDeviceボタンを押して、Virtual deviceを作成して確認することができます。

Deviceがある方は、[OK]を押しされ、お持ちでない方は、CreateNewVirtualDeviceボタンを押します。

android first app

下の画面のように、複数のVirtual Deviceを生成することができますよ。私はPixelを選択しました。すべて選択したらと[Next]をクリックします。

android first app

次は、選択したDeviceのOS versionを選択する画面ですが。私Nougat(API 25、X86)を選択しました。 PCにインストールされている仮想デバイスであるため、ARMよりx86が早いです。

android first app

以下は、設定画面ですが。デフォルトの設定を使用するので、すぐ[Finish]をクリックします。

android first app

今Virtual device設定が終わりました。 AvailableVirtualDevices私のVirtual deviceが見えます。 [OK]をクリックすると、Virtual deviceが実行され、アプリがインストールされます。

android first app

少し待ったら、以下の画面のようにVirtual deviceに私のアプリがインストールされ、実行されたことを見ることができます。

android first app

簡単なメニューをご覧ください。

  1. Run 'app':AppをbuildしてDeviceにインストールできます。
  2. AVD Manager:Virtual deviceを管理します。実行と追加、削除、設定の変更などが可能です。
  3. SDK Manager:SDKをダウンロードすることができます。必要なSDKがあれば、このメニューを見ればされます。

android first app

Related Posts

codechachaCopyright ©2019 codechacha