Ubuntu - kernel更新する方法(manually)

JS · 23 Jan 2020

Ubuntuでkernelを更新する方法を紹介します。 通常 Software & updatesプログラムで最新のカーネルに更新することができます。しかし、直接端末にカーネルをインストールすることもできます。

aptを利用して、カーネルをインストールする方法を紹介します。

この記事の内容は、Ubuntu 18.04で確認しました。

現在のKernelバージョンの確認

次のコマンドで現在の私のシステムのカーネルのバージョンを確認することができます。

$ uname -r
5.0.0.23-generic

インストール可能なKernelバージョンの確認

apt-cacheコマンドで、現在インストール可能なカーネルのバージョンを見つけることができます。

$ sudo apt-cache search linux-image-5.
linux-image-5.0.0-1007-oracle - Signed kernel image oracle
linux-image-5.0.0-1008-oracle - Signed kernel image oracle
linux-image-5.0.0-1009-oracle - Signed kernel image oracle
....
linux-image-5.3.0-24-generic - Signed kernel image generic
linux-image-5.3.0-24-lowlatency - Signed kernel image lowlatency
linux-image-5.3.0-26-generic - Signed kernel image generic

この中に更新するバージョンを選択する必要があります。

インストール

更新するカーネルのバージョンを指定した場合は、次のようにaptでインストールをします。 私はkernel 5.3バージョンに更新します。

$ sudo apt-get install linux-image-5.3.0-23-generic

インストールが完了したら、システムをrebootします。

そして、再び、カーネルのバージョンを確認すると、更新されたことを確認することができます。

$ uname -r
linux-image-5.3.0-23-generic

Kernelバージョンの変更

新しいカーネルが問題が多い面の前に使っていたバージョンに戻りたいと思うことがあります。

起動するたびにブートローダーのGrub2画面が見えるようにした場合は、必要なカーネルのバージョンを選択して起動することができます。

起動時Grub2を実行するには、Grub2の設定を変更する必要があります。

まず、次のコマンドでgrub設定ファイルを開いて GRUB_TIMEOUT_STYLEGRUB_TIMEOUTをコメントアウトします。

$ sudo vim /etc/default/grub

grub2 settings

ファイルを保存して、変更された内容を更新します。 (もし更新しないと、変更内容が適用されません。)

$ sudo update-grub

これで、システムを再起動するとgrub2画面が表示されます。 grub2 main

Advanced options for Ubuntuを選択すると、以下のように、現在インストールされてカーネルのリストが表示されます。 必要なバージョンを選択して、Enterキーを押すと、選択されたバージョンでUbuntuが実行されます。 grub2 kernel version

ちなみに、バージョンの横に (recovery mode)とされているのは、システムを修復する際に使用されるカーネルです。

codechachaCopyright ©2019 codechacha